2016年03月26日 (土) | Edit |
【RPGツクールとは】

国産フリーゲームの王道
エンターブレインが発売している国内で最も有名なRPG制作ソフトです。
近代フリーゲーム制作ツールの王者にして国産フリーゲームの代名詞のような存在ですが、
結果としてダウンロード形式のフリーゲームが日本で大きなシェアを占めることになりました。
ツクールシリーズは色んなジャンルがあるのですが、
当ブログでは主に「RPGツクール」制作品を取り上げていきます。

RPGツクールでゲームを制作するには、
市販のツクール製品を購入する必要がありますが、
プレイするだけならエンターブレインの公式サイトから
RPGツクールRTP(ランタイムパッケージ)をDLするだけで、
誰でも遊ぶことができるようになります。
現在ウェブ上でDLできる該当RTPの数は全部で5つです。


【ゲームをプレイする方法】

実行ファイルで起動
RPGツクールのゲームデータには大量のフォルダとファイルが梱包されています。
ダウンロードしたゲームファイル内から「RPG_RT.exe」または「Game.exe」という実行ファイルを探してください。
ダブルクリックでゲームが起動します。
 
ほかに操作が必要なのは「read.me」「始めにお読みください」などの、
制作者からの「txtファイル」です。
いわゆる説明書で、注意事項・免責事項・動作環境・著作権なども記載されています。
プレイ前に必ず目を通してください。

また、ウインドウモードのへ切り替え・動作キー・設定変更・メニュー表示などの、操作方法の一覧もご覧ください。
RTPごとに少しずつ違うので確認が必要です。
ゲームを終了したいときは「メニュー」または「タイトル」から「終了」を選択してください。

当ブログで紹介するツクール作品はすべてWindows対応ですので、
その他のOSは残念ですが対象ではありません。
また、このページは初心者プレイヤーに向けて制作されたものであり、
制作者に向けたものではありませんのでご了承ください。
なお、起動・終了にまつわるトラブルは公式窓口にてご相談ください。

  
【コンテストパークとは】

名作の展覧会
1994年から2007年まで開催されていた、アスキー主催のフリーゲームや
アマチュアデジタルコンテンツのコンテストのことです(通称コンパク)。
主にツクールで制作されたゲームやデジタルコンテンツが月ごとにノミネートされ、
プラチナ→金賞→銀賞→銅賞の順に各受賞者に賞金が贈られていました。
ツクール史上最も権威のあった公式のコンテストで、
全盛期の受賞者には1000000円の賞金が贈られたこともあったとか。
現在は様々なフリーゲーム専門ポータルサイトで独自のコンテストが開かれています。

コンパクを始めとしたフリーゲームコンテストの受賞作品やノミネート作品は
フリーゲームを初めてプレイする人にとって大変参考になるため、
当ブログでも多数紹介する予定です。
中でも黎明期のコンパク受賞作品は名作の展覧会なのですが、
近年のPCスペックでは対応できないために、
現在ではプレイできなくなってしまったゲームデータが沢山あるようです。


NEW!!【えんため大賞 自作ゲーム部門】2016.03.08

return1.png

新設部門につき第一回参加作品募集中です!!
①二次コース②オリジナルコースの二種類
①大賞賞金300000円②大賞賞金500000円
・日本在住。
・日本語のゲームを作ること。
・ツクール製品で作ること。
その他一切不問。
2016年6月30日まで。

→詳しくは第18回エンターブレインえんため大賞「自作ゲーム部門」をご覧ください。



関連記事
テーマ:RPGツクール
ジャンル:ゲーム
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック