2016年02月11日 (木) | Edit |
edsm0.png

Every Day The Same Dream

  Paolo Pedercini氏の作品。
  2009年制作(イタリア)



くりかえされる日常からの脱出。
   
15分ほどでクリアできる社会派短編アドベンチャー。
矢印キーで移動してスペースキーで調べます。
文字表記が少ないため難易度が低く初心者にオススメです。
    
夢の中でも日常生活を送ってしまう主人公。
くり返される夢からの解放を願っています。

 
主人公は毎日車で通勤しているホワイトカラーのサラリーマン。
ループする世界で違なる行動をとりながら新しいイベントを起こしてください。
5つの条件を満たすことでTRUE ENDが見られます。
 
条件が揃うまで無限ループが続きます。
分岐する要素には色がついてるので見逃さないでください。
繰り返しに気が狂いかけるかもしれません。
 
  
edsm1.png
  

制作者はカーネギーメロン大学教員でゲームデザイナーのPaolo Pedercini氏。
ゲームをアートとして表現する実験的プロジェクト「molleindustria」において、
労働の拒否や疎外感をテーマに制作されたそうです。
  
残酷なシーンはありませんが、とらえ方によってはショッキングなシーンがあります。
モノトーンの無機質なグラフィックは主人公から見えている世界かもしれません。
少し考えさせられたアート作品です。
主人公に共感した人もいるのではないでしょうか。
  
リフレインが癖になるJesse Stiles氏のテーマ曲も秀逸で、
このゲームのために6日で作られたそうです。
刻み続ける単調感が世界観とマッチしてしばらく耳に残りました。
 
たどり着いた世界のオフィスで主人公が目撃したこと。
どこまでが夢だったのでしょうか・・?




こちらからプレイできます。
Every Day The Same Dream
※海外のポータルサイトに移動します。安全なサイトなので安心してプレイしてください。
(広告が流れるので終わるまで待ちます。その後タイトルをクリックするとゲームがスタートします)

公式サイト
「La Molleindustria」
Twitter
@molleindustria(Paolo Pedercini)


 
関連記事
テーマ:フリーゲーム
ジャンル:ゲーム
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック