2017年04月22日 (土) | Edit |
天和通り
(クリックで大きくなります)

福本伸行さんの麻雀漫画「天」より「天和通り」のイメージ画です。
昭和末期に実在した5つの商店街を参考に構成しています。
 
去年9月の追悼絵以来のアナログ画で、今年1月に描きました。
架空の風景を描いたのは人生で二度目でした。
時代設定は原作と同じバブル崩壊前後で、
店名はすべて福本漫画の登場人物の名前です。
 
駅近にパチンコ屋、懐石料理店、レンタルCDビデオ店、
奥の高架下に立ち食いソバ屋、コンビニ、カラオケルームがあります。
・・・・・・・って分かるか!(; ・ω・)っ
 
質屋「金光堂」はテレカやオレカを扱う金券ショップにするか悩みました。
構図も配置も角度もサイズも崩れまくって、まるで小人の街です。
商店街なのに飲み屋街になったのも不思議な現象だと思いました(他人事)
  
「天和通り」は主人公の地元の商店街の名前で、
作品のサブタイトルの一部でもあります。
個人的に「天」は福本作品で一番好きな漫画なんです。
人情漫画家だった福本さんが勝負路線に転向した作品で、
「アカギ」と「カイジ」の誕生につながっていきます。



関連記事
テーマ:自作イラスト
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック