2016年02月27日 (土) | Edit |
Irtr.png

I Remember The Rain

  Jordan Browne氏の作品。
  2012年制作(ニュージーランド)



ピクセルアートで描かれた雨の夜の悲劇。
 
左右キーで主人公を操作してスペースキーで会話・アクションになります。
映画に近いアート作品のため操作はかなり少なめです。
英語でメッセージが現れますが読めなくてもクリアはできます。
ボイス入りなのでヘッドフォンの使用をお勧めします。
 
5分程度でクリアできるおどろくほど短く、そして哀しい物語です。
ドラマティックな演出が印象的なショートムービー。
ピクセルで表現されたレトリックなアート作品で、雰囲気に重点を置いて作られたそうです。
ショッキングなシーンはありませんがストーリーが重いので好みが分かれるかもしれません。
   
激しい雨の夜に事故で失ったものは・・・・。
絶望的な現実を突き付けられた主人公の葛藤が描かれていきます。
   


Irtr6.jpg


作者のJordan Browne氏はゲーム制作のほかにも映画制作・音楽制作・グラフィックアーティストなどの肩書きを持っており、
今作のピクセルムービーは短編小説を下地に1か月かけて制作されたそうです。
 
荒いピクセルアートで実現された映画的演出が技ありでオススメのゲームです。
正面に向かって歩いてるようにしか見えない主人公ですが、
グラフィックの細部のこだわりなどハッとさせられるシーンが多いのです。
 
なによりSEとボイスによる圧倒的臨場感と控えめなサウンドの演出力。
西欧・ロシア・アジア圏のインディーズゲームサイトで評価されたというこの作品
海外の実況動画を覗いてみると悲愴な表現であふれていました。

ラスト・フレーズで美しくまとめられた、小説のような世界観をぜひ経験してみてください。



こちらからプレイできます。(初のダウンロードゲームになります)
I Remember The Rain
※ダウンロードサイトへ飛びます。サイト上部の「Releases」コンテンツの「DOWNLOAD」ボタン(黄色い文字とライン)を押すと手に入ります。
※安全性は確認してありますが、不安な方はこちらをご覧になってからダウンロードしてください。
 
制作者の公式サイト(こちらからもダウンロードできます)
Jordan Browne



関連記事
テーマ:フリーゲーム
ジャンル:ゲーム
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック